読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元うつ病患者のふり返り日記

うつ病で会社を9ヶ月間休職した後に復職を果たしました。そんな筆者がうつ病や精神医学についてふり返り考察します。完治に至った闘病記もごらんください。http://snailramp.net/depression/

うつ病が完治したとの報告をいただきました

私の闘病記を読んだ数多くの方が村上漢方はり療院に連絡・訪問をいただいているようです。遠くは愛知県や沖縄から連絡してきた方もいらしたようです。(もちろん相談内容は聞いていません。ほとんどの方が男性だそうです。)やはり多くの方がうつ病に苦しんでらっしゃるのだなと実感しました。

村上漢方はり治院は京王線大前駅にあるのですが、幸いにも東京近郊にお住まいの方は直接治療に来られているようです。(地方の方はお近くの東洋はり医学会に所属しているはり治療院を探してください。東洋はり医学会 脈診流経絡治療 支部

その中でつい先日うつ病が完治されたという方がいらっしゃるのを老先生から伺いました。その方の詳しい病状は聞いていませんが、私の闘病記を読んで村上漢方はり療院に来られたそうで、5回目の治療で劇的に回復されたそうです。

いや本当によかったです。私も3回目の治療で2年も苦しめられた不眠から開放され、今まで滞っていた何かが流れ始め、体中にエネルギーがみなぎっていくのを感じました。たぶんその方も同じような感覚を得たのだと思いますが、この感覚はうつ病から回復された方にしかわからないと思います。

これまでは他の方に効くのかどうか懐疑的なところもあったのですが、間接的とはいえ関わりのある方が回復され、東洋はり医学会の効果を確信しました。

 

こうなると自分の闘病記がGoogleのインデックスから削除されたのは返す返すも残念です。今でも多くの方が苦しんでいて、それを助けるチャンスがあるのにそれを自発的に知らせることができないというのは困ります。

私の闘病記は別サイトに移転していますが、このブログでURLを紹介するとまたgoogleの検索インデックスから削除されてしまうためにお知らせすることができません。そのため私の闘病記を読みたい方はこのブログに書かれた固有名詞を使って検索をしてください。そうすれば多分見つかると思います。そして他の方にも広めていただけると助かります。

 

※追記

やはり自分のブログで自分のホームページを宣伝できないのは納得いかないので、このブログのPC版の上のほうにリンクを付けました。どうなることやら。