読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元うつ病患者のふり返り日記

うつ病で会社を9ヶ月間休職した後に復職を果たしました。そんな筆者がうつ病や精神医学についてふり返り考察します。完治に至った闘病記もごらんください。http://snailramp.net/depression/

うつ病に効く可能性がある生物学的製剤とは

 トランプさん調子いいですねぇ。

 

前回の投稿で関節リウマチの薬にうつ病を改善する可能性があると報告がされたと書きました。

hal-007.hatenablog.com

発表された論文や報道ではどの薬に可能性があるのか言及されていませんでした。その後に自分で調べてみたところ、 どうやら「生物学的製剤」というもの指していることがわかりました。

生物学的製剤 生物によって作られるタンパク質などを利用した新しいタイプの薬(注射薬)です。関節リウマチでは、免疫にかかわるサイトカインが異常に多く分泌されますが、このサイトカインの働きを抑えることによって、関節リウマチの症状を改善します。

関節リウマチ 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

 

 生物学的製剤と言ってもたくさんの種類があるようで、下記のページにはその代表的なものが幾つか紹介されています。

関節リウマチの薬 生物学的製剤とは

 

どの生物学的製剤も炎症の原因であるTNFやインターロイキン6(IL-6)などのサイトカインを無効化する機能があります。

TNFやIL-6はリウマチ患者だけでなく、一部のうつ病患者の血液に多く発現している物質で、これらはうつ病の遠因ではないかと言われています。

 

近い将来、生物学的製剤がうつ病の治療にも使われることになるのでしょうか?個人的にはそうなって欲しいと思いつつ、そもそもTNFやIL-6が発生する仕組みが解明されてもっと根本的な治療が確立されないかとも願っています。